子犬のしつけは何から?

子犬を迎えたら悩み事はたくさんでてきます。甘噛み、トイレ、無駄吠えなど・・・。
それらのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか。それはできるだけ早めに、子犬を迎えたときからです。

 
犬の成長早く、1年で成犬になります。子犬のうちにしっかりしつけをしとかないと、成犬になってから問題行動を起こしたりします。飼い犬の問題は飼い主の責任です。

まずは、トイレトレーニングです。

トイレを置いていてもはじめはあちこちでしてしまうのがほとんどです。しかし、絶対に怒ってはいけません。怒っても犬にはわかりません。なにも言わず、綺麗に後始末します。犬は嗅覚が優れているので、できる限り匂いがなくなるように綺麗にします。

 
だいたいトイレするタイミングが決まっているので、ご飯を食べた後や水を飲んだ後、遊んだ後などその子のタイミングがあると思います。トイレをする時間を把握しとくのがいいです。そのタイミングを見つけて、目を離さないようにしときます。

 

トイレしそうだなと思ったらトイレに連れて行ったり、ゲージに入れるなどします。成功したら、大袈裟に高めの声で褒めてあげます。それを繰り返していくうちに、成功していくことが増えていきます。

次に甘噛みです。

犬が甘噛みする理由の1つが、歯の生え変わりで4~6ヶ月ごろは歯が痒いからです。仕方がないとそのまましつけせずに放っておくと、なんでも噛んでいいと思ってしまいます。ほかには、じゃれて、遊んでいるだけです。

 

手や足を噛まれたら大きな声で「痛い!」と言い、すぐに遊びをやめゲージに戻します。鳴かれてもその後はしばらく無視します。犬は無視されることで苦痛に感じ、これを繰り返すことで、手や足を噛んだら遊びが終わってしまうと思うので、徐々になくなっていきます。

 
手や足だけでなく、テーブルやソファーも噛んでボロボロにしてしまいます。噛んではいけないところに塗る商品もあり、これは苦い味がして犬が噛むのをやめるというものですが、家具のあちこちに塗るのも・・・と思うし、犬が塗ってないところをみつけてそっちを噛むかもしれません。そこを噛むのをやめるだけで噛むこと自体をやめるわけではないです。

 
犬はビックリすることのほうが印象に残ります。そこで、音でビックリさせます。家具を噛んでいるときに、犬から見えないところで誰がやっているかわからないところで、大きな音を出します。犬はビックリして噛む行動をやめます。繰り返しやることで「噛んだら怖い音がする」と思うので、噛み癖がなくなってきます。

 

 

できたら大袈裟に褒めまくる、失敗しても絶対に怒らない、しつけは飼い主の忍耐です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です