基本はどんな犬種も一緒!すぐに出来る犬のしつけ基本術!

犬をお迎えすると決まったその日から、可愛い新しい家族が増えるその時を待ちわびてワクワクしますよね。「こんなグッズを買ってあげたいな。」、「こんなところに一緒にお出かけしたいな。」と犬が来てからの日々を思い描いては期待に胸を膨らませるでしょう。

 

でも実際に家に来てみると当然ならがトイレは決まった場所に出来ない、噛んではいけない場所を噛んでしまう、そんな様子にイライラしてしまいがちです。筆者もかつてはただ甘やかせば良いと思ってあまりしつけを行わないこともありましたが、それは人間の為にも犬の為にもならないのです。そこで今回は、今まで犬を10匹以上飼ってきた個人的な経験から得た簡単なしつけ基本術をご紹介します。

■基本は「大げさに褒める!厳しく叱る!」

例えば人は何かが上手に出来た時、褒めてもらえると嬉しくなりますし、何か失敗して叱られれば落ち込みますが次に同じことをする時は気を付けますよね。それは犬だって同じなのです。
自分のご主人様である飼い主が嬉しそうに笑って褒めてくれると犬も嬉しい、怖い顔をして怒っていれば悲しいのです。それを頭にしっかりと置いて犬と関わることが大切です。
例えばしっかりとトイレで用を足した時、散歩で他の犬に吠えなかった時、その時にしっかりと笑顔で大げさに褒めてあげましょう。そうすると犬は「こうするとご主人様が喜んでくれる!」という事を徐々に学習していきます。逆に悪いことをしたときも同様に、厳しくビシッと叱ってあげてください。

■人間のコミュニケーションと一緒!大切なのは「タイミング」

大げさに褒め、厳しく叱ることが大事だと言いましたがそのどちらもタイミングが大切です。これも人間と同じですが、過去の事を叱られた時に「何で今頃?」と思ってしまうことってありませんか。犬も一緒です。

 

良いこと、悪いことをしたその瞬間にアクションを取る事が重要です。あまりに時間を空けてしまうと、「何のことで褒められてる(叱られてる)んだろう?」と犬はわからなくなってしまうのです。犬にわかりやすいよう、その場その場での対応を心がけましょう。

■諦めず何度でも!「根気が必要!」

さて、ここまで褒め方・叱り方・タイミングについてご説明してきましたが何よりこれが一番大切なことだと言っても過言ではないかもしれません。何よりも大切なのは「根気」なのです。人間と違って犬は人間の言葉を理解するまでには時間がかかります。理解するまでの時間に平均なんてものは無く、その犬の性格によってそれは大きく変わってくるのです。

 

すぐに理解する子もいるでしょう。何度やっても覚えてくれない子もいるでしょう。何度も何度も叱って、飼い主自身が嫌な気持ちになってしまって、犬に対してイライラすることも増えてしまうでしょう。でも、犬に悪気があるわけでは無いのです。人だって同じです。同じ仕事をすぐに覚える人もいれば、少し時間がかかってしまう人もいるでしょう。それは「個性」なんですよね。

 

きっと覚えてくれるまでは大変でしょう。でも犬は飼い主が時間をかけてしつけてくれたことを、しっかりと覚えています。諦めずに最後までしつけができたら、きっとそこには深い信頼関係が生まれていると思いますし、家族になったその日より何倍も可愛く思えるはずです。
基本的に犬とのコミュニケーションは人間関係と似ているところが多いものです。その事を頭に置いて、自分の人生の中で巡り合えた大事な愛犬なのですから、悔いの無い、楽しい生活を目指して愛犬と一緒に頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

きっとすごく大変な思いをするでしょう。嫌になること、何で出来ないんだろうと悩むこと、イライラすることも多いでしょう。でもせっかく自分が選んだ子、選ばれて家族になった子なんです。

 

そんな巡り合わせはなかなかありませんよね。愛犬との生活が終わるその日に、頑張って良かった、一緒に居られて良かったと思えるように頑張ってください。その時、今までの苦労なんて吹き飛ぶくらい楽しい思い出でいっぱいになっていることだと思います。

 

犬のしつけについては「ドッグライフプランナーズ」というのが評判が良いようです。参考になさって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です