本当にそれあっていますか?ドッグフードの保存方法

ワンちゃんにはいつもおいしくて安全なものを食べてほしい!というのは、ワンちゃんを飼っていらっしゃる方であれば誰でも感じていることではないでしょうか。

 

ウェットフードであれば、臭いや色の変化、カビの生え方などで見た目に劣化がわかりますが、ドライフードの場合は臭いや見た目では判断しにくいのが現状です。

 

現在の保存方法で合っているのか、本当にワンちゃんにとって安全なのか不安になりますよね。

 

今回はドッグフードの保存方法についてご紹介します。
お悩みの方はぜひ参考になさってくださいね。

『ドッグフードも種類によって保存方法が違う!』

冒頭でも少し触れましたが、ドッグフードには大きく分けてドライフードとウェットフードがあります。それぞれで保存方法が違ってきますので、それぞれに合った方法で保存するようにしてください。

 
間違った方法で保存すると、ワンちゃんの病気の原因になってしまいますので気をつけましょう。

『ドライドッグフードの保存方法』

ドライドッグフードを上手に保存するにはいくつかのポイントがあります。
まずはそのポイントを見ていきましょう。

 

・袋や容器のフタはしっかりと閉じる
・日の当たるところは避ける
・高温多湿の場所は避ける
・冷蔵庫での保管はしない
・開封したら1か月以内に使い切るようにする

 

これらのポイントを守っておくと、ドライドッグフードを上手に保存することができますよ。

・袋や容器のフタはしっかりと閉じる

中にはもともと1食分を小分けしてあるものもありますが、たいていの場合が大きな袋や容器にガサッと入っているものがほとんどです。

 
このような場合は、一度開けたら必ず輪ゴムで留めたりクリップで留めたりして保存しましょう。できるだけ空気に触れさせないことが、ドッグフードを安全に保つ秘訣です。

 

最初のうちに1日分や1食分で小分けにしておくと、毎回空気に触れることがないのでおススメですよ。

 

またBOXタイプの容器を使う場合は、カスが溜まると油が酸化してカビの原因になるので。こまめに洗って清潔にしてくださいね。

・日の当たるところは避ける

特に夏は注意が必要です。
室内でも窓際など日の当たるところに長期間置いておくと、ドッグフードが劣化してしまいます。

 
虫が湧いてしまう原因もなります。
保管は日の当たらないところ、そしてドッグフードを入れておく食器も日陰に置いておくようにしましょう。

・高温多湿の場所は避ける

ドッグフードに限らずどの食品でも同じですが、高温多湿の場所に保管しておくと虫が湧いたりカビが生えたりしてしまいます。

・冷蔵庫での保管はしない

高温多湿の場所を避ける・・・と聞くと多くの人が冷蔵庫を思い浮かべると思います。
しかし冷蔵庫もドライドッグフードを保管するのには適していません。

 
容器や袋が冷えることで結露し、その水分でカビが生えてしまう可能性があるのです。
また冷えたドッグフードを与えるとお仲を下してしまうこともありますの、冷蔵庫での保管はやめましょう。

・開封したら1か月に使い切るようにする

最近では「大容量!お買い得パック」というようなものがたくさん売られています。
しかしドライドッグフードは開封後、1か月以内に食べきるのが理想です。
1か月を過ぎても食べられないというわけではありませんが、やはり劣化してしまいます。

 
たくさん入っていてお得だからと言って大きいものを買っても、ワンちゃんの大きさや食べる量によっては余らせてしまうこともあります。
飼っているワンちゃんの大きさや普段から食べている量を考えて購入するようにしてくださいね。

『ウェットドッグフードの保存方法』

ウェットタイプはその名の通り、湿っている、水分を多く含んでいる、というドッグフードです。
そのためドライタイプとは保管方法が全く変わってきます。

 

まずはそのポイントです。
・冷蔵庫で保管する
・その日のうちに使い切る
・他の容器に移して密閉保存

 

やはりドライタイプとは違いますよね。
では詳しく見ていきましょう。

・冷蔵庫で保管する

ウェットタイプのドッグフードは冷蔵庫で保管するのがおすすめです。
冷暗所であれば冷蔵庫でなくても良いのですが、特に夏の暑い日の場合は冷蔵庫が良いでしょう。

 
ただしワンちゃんに与える前には常温に戻すか、電子レンジで少し温めてあげてください。

・その日のうちに使い切る

ドライタイプと違ってウェットタイプは日持ちしません。
開封したら1日で使い切るようにしましょう。

 
どうしても1日で使い切れなかったという場合は、冷凍保存をしておくのもありです。
この場合も早めに使い切りましょう。

・別の容器に移して密閉保存

開封後はすぐに使い切るのが理想です。
しかし大きさによっては、1袋(缶)を食べきるのに1日かかってしまうワンちゃんもいます。

 
その場合は他の密閉容器に入れて冷蔵庫で保管しておくと安心ですよ。

 

できれば真空状態にできるものが理想です。
ネットショップなどでも比較的安く購入できますので、ぜひ試してみてください。

おわりに

一口にドッグフードといってもいろいろな種類があり、それぞれに保存方法がありました。
それらに適した保存方法をしていなければ意味がありませんよね。
どちらのタイプをよく購入するのか、またどちらの方が管理しやすいかなどを踏まえてドッグフードを選んでみるのもいいかもしれませんね。

 

ドッグフードのことなら「パン君のドッグフードおすすめランキング|安全なものを選んでね」を参考にしてみて下さい!ドッグフードの選び方から保存方法まで詳しく解説されています。

愛犬の口に何でも含んでしまう癖を治したい

犬が手当たり次第にあるものを口に入れたりするイタズラに嘆いている飼い主の人もいます。ここではそんなイタズラをやめさせるしつけについて知りましょう。

・口にくわえた時は叱りながら取り出そう

部屋の中には口には入れてはいけないものや、汚れされては困るものなどがたくさんありますね。ですから愛犬に遊んでいいものといけないものの区別をしっかりとさせる事が重要です。

 
特にビニール袋やティッシュなどはお腹の中で溶けてくれませんから、体に異変を生じる可能性が出てきます。注意しないといけません。鉢植えの植物もラン科の植物の一部は犬には有害になると言われています。

 
これらのものにも気を付けましょう。イタズラをやめさせるためには何かいけないものを口に含んだ時には、しっかりと顔を持って口にくわえたものを叱りながら取り出すようにします。

 
「いけない」などとはっきりと叱るようにしましょう。口から取り出して目を睨んでからしっかり叱った後には、ゆっくりと褒めます。口にくわえると叱られて、くわえていなければ褒められると教えるためにします。

・イタズラをしなくなった時には即座に褒める

いつまでたってもイタズラ癖が直らないのは、叱りっぱなしにした時です。イタズラをやめさせるようにするには、この後に、もう一度そのイタズラしていたものを顔の前に置きます。

 
またくわえたら、即座に取り出してしっかりと叱るようにします。取り出した後にゆっくりと褒めてあげます。そうしてもう一度顔の前に置きましょう。何度が繰り返しているうちに、しだいに顔の前に魅力的なものが置かれても遊ぶ事をしなくなります。

 
時にはことさらにそのものを見ないような仕草もするようになります。この時にはすかさず褒めてあげてください。このようにする事でイタズラをしたら叱られて、しなければ褒めてくれると教えていくのです。

・拾い食いをやめさせる

口の中に何でも入れてしまうという意味では散歩中などの拾い食いもよく犬がする事です。そこで練習方法として先に散歩コースに食べ物を落としておきます。例えば電柱の下などの目印になる所に魅力的な食べ物を置いておきます。

 
そして散歩の時に何気なくその電柱に近づいてみます。そして愛犬がその食べ物を食べようとしたところで、しっかりと止めて「いけない」と叱ります。愛犬の目を睨んで怖い表情で叱るようにしましょう。

 
やめさせた後にゆっくりと褒めてあげます。そして次の目印の所まで歩いていきます。そこでまた愛犬が食べ物のほうに近づいていくようでしたら、止めて叱ります。そしてやめさせてから褒めます。

 
この練習を繰り返しているうちに次第に落ちている食べ物に気づいてもあえて近寄らないようになったり、逆に目を背けてその場所を避けるようになっていきます。愛犬がなんでも口してしまって困っている人は、根気よくしつけをしていきましょう。
きっとその困った愛犬の行動はおさまりますよ。

子犬のしつけは何から?

子犬を迎えたら悩み事はたくさんでてきます。甘噛み、トイレ、無駄吠えなど・・・。
それらのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか。それはできるだけ早めに、子犬を迎えたときからです。

 
犬の成長早く、1年で成犬になります。子犬のうちにしっかりしつけをしとかないと、成犬になってから問題行動を起こしたりします。飼い犬の問題は飼い主の責任です。

まずは、トイレトレーニングです。

トイレを置いていてもはじめはあちこちでしてしまうのがほとんどです。しかし、絶対に怒ってはいけません。怒っても犬にはわかりません。なにも言わず、綺麗に後始末します。犬は嗅覚が優れているので、できる限り匂いがなくなるように綺麗にします。

 
だいたいトイレするタイミングが決まっているので、ご飯を食べた後や水を飲んだ後、遊んだ後などその子のタイミングがあると思います。トイレをする時間を把握しとくのがいいです。そのタイミングを見つけて、目を離さないようにしときます。

 

トイレしそうだなと思ったらトイレに連れて行ったり、ゲージに入れるなどします。成功したら、大袈裟に高めの声で褒めてあげます。それを繰り返していくうちに、成功していくことが増えていきます。

次に甘噛みです。

犬が甘噛みする理由の1つが、歯の生え変わりで4~6ヶ月ごろは歯が痒いからです。仕方がないとそのまましつけせずに放っておくと、なんでも噛んでいいと思ってしまいます。ほかには、じゃれて、遊んでいるだけです。

 

手や足を噛まれたら大きな声で「痛い!」と言い、すぐに遊びをやめゲージに戻します。鳴かれてもその後はしばらく無視します。犬は無視されることで苦痛に感じ、これを繰り返すことで、手や足を噛んだら遊びが終わってしまうと思うので、徐々になくなっていきます。

 
手や足だけでなく、テーブルやソファーも噛んでボロボロにしてしまいます。噛んではいけないところに塗る商品もあり、これは苦い味がして犬が噛むのをやめるというものですが、家具のあちこちに塗るのも・・・と思うし、犬が塗ってないところをみつけてそっちを噛むかもしれません。そこを噛むのをやめるだけで噛むこと自体をやめるわけではないです。

 
犬はビックリすることのほうが印象に残ります。そこで、音でビックリさせます。家具を噛んでいるときに、犬から見えないところで誰がやっているかわからないところで、大きな音を出します。犬はビックリして噛む行動をやめます。繰り返しやることで「噛んだら怖い音がする」と思うので、噛み癖がなくなってきます。

 

 

できたら大袈裟に褒めまくる、失敗しても絶対に怒らない、しつけは飼い主の忍耐です。

犬の躾ってなんだろう

犬の躾とは飼い主の云う事を守らせ、社会に従順させることだと思う。
云う事を守らせるとは、犬が飼い主の云う事をきき、そして指示したことができ、それが犬の躾なのかな、飼い主の自己満足であるが「おすわり」「おて」「おかわり」から始まり、このおて、おかわりにはどんな意味があるのだろう。

 

この動作は飼い主に従わせることへの第一歩、ただ云っただけでは犬には理解できない、できたらおやつをあげるこの動作の繰り返しが躾と云ったらそうなのかもしれません。

 
飼育環境も今と昔ではずいぶん変わり室外で飼っている犬を見かけません。外で飼われていた時代は、一日中、寝る時も犬小屋の周りに鎖でつながれそのそばには水が入った洗面器、排泄も犬小屋の周り、散歩のときだけ鎖をはずされていたことを思い出されます。

 
昨今では室内で飼うのが今の犬君達の常識、室内犬に大切なのはトイレトレーニングも含まれます、大小どちらもをトイレを覚えさせることに飼い主の皆さまは大変ご苦労されたことと思いますが、子犬の頃は場所、処、時間を選ばずにどこにでも排泄していたものが、大きくなってくると散歩のときに外でするものだと自然に身に着くみたいですが、この行為が、各市町村で条例を制定している所では違反行為に当たるようです。

 

散歩の際の排泄、これも躾と云ったら躾、外で用を済ませる行為は飼い主にはとてもありがたい行為ですが、犬を嫌う方も多くいらっしゃるので、ゴミ集積所、居住宅の前、塀、電信柱などへの犬の用たしは十分にお気を付け下さい。

 
その後も様々な躾へと続き、
飼い主が身勝手あれば犬も身勝手な犬であると思われますが、犬の身勝手なことと言えば排泄行為だけ、これは自然現象であるからしょうがないことですが、本当の身勝手はこの排泄物を飼い主が放置する行為。飼い主は排泄行為を見ているだろうし放置したことも自覚しているはず、こういう方は飼い主の資格なし。飼い主自身の躾を学んだら如何でしょうか。

 
私は3匹のフレンチブルドックを飼っていますが、躾には程遠く、子犬の頃に家の中はめちゃくちゃにされ、障子、襖、壁、床、畳が悲惨なことに、これも年齢の経過で今は収まっておりますが、躾の基本「おて」「おかわり」「ふせ」ができないワンちゃんもおります。

 
3匹同時に飼いだしたことから、1匹に躾を教えても他の犬が気になり、ちょっかいが入り、根気強くやっていたつもりでしたが、いままでかかってもできておりません。

 
ただ、外に出たときの躾だけは厳しくたたきこみましたので、歩き方は飼い主の横について歩く、「まて」「おすわり」。散歩で一緒になるワンちゃんへの無駄吠えはせず良い子に育っております。

 
ただこれも人間の自己満足であるのかな。犬の躾ってなんだろう。人間の都合を教え込み、怒られ身を小さくしている犬を見ると、
犬も楽しく気楽に自然に、思いのまま暮らせる状態にするのが本当の飼い方なのかな。

基本はどんな犬種も一緒!すぐに出来る犬のしつけ基本術!

犬をお迎えすると決まったその日から、可愛い新しい家族が増えるその時を待ちわびてワクワクしますよね。「こんなグッズを買ってあげたいな。」、「こんなところに一緒にお出かけしたいな。」と犬が来てからの日々を思い描いては期待に胸を膨らませるでしょう。

 

でも実際に家に来てみると当然ならがトイレは決まった場所に出来ない、噛んではいけない場所を噛んでしまう、そんな様子にイライラしてしまいがちです。筆者もかつてはただ甘やかせば良いと思ってあまりしつけを行わないこともありましたが、それは人間の為にも犬の為にもならないのです。そこで今回は、今まで犬を10匹以上飼ってきた個人的な経験から得た簡単なしつけ基本術をご紹介します。

■基本は「大げさに褒める!厳しく叱る!」

例えば人は何かが上手に出来た時、褒めてもらえると嬉しくなりますし、何か失敗して叱られれば落ち込みますが次に同じことをする時は気を付けますよね。それは犬だって同じなのです。
自分のご主人様である飼い主が嬉しそうに笑って褒めてくれると犬も嬉しい、怖い顔をして怒っていれば悲しいのです。それを頭にしっかりと置いて犬と関わることが大切です。
例えばしっかりとトイレで用を足した時、散歩で他の犬に吠えなかった時、その時にしっかりと笑顔で大げさに褒めてあげましょう。そうすると犬は「こうするとご主人様が喜んでくれる!」という事を徐々に学習していきます。逆に悪いことをしたときも同様に、厳しくビシッと叱ってあげてください。

■人間のコミュニケーションと一緒!大切なのは「タイミング」

大げさに褒め、厳しく叱ることが大事だと言いましたがそのどちらもタイミングが大切です。これも人間と同じですが、過去の事を叱られた時に「何で今頃?」と思ってしまうことってありませんか。犬も一緒です。

 

良いこと、悪いことをしたその瞬間にアクションを取る事が重要です。あまりに時間を空けてしまうと、「何のことで褒められてる(叱られてる)んだろう?」と犬はわからなくなってしまうのです。犬にわかりやすいよう、その場その場での対応を心がけましょう。

■諦めず何度でも!「根気が必要!」

さて、ここまで褒め方・叱り方・タイミングについてご説明してきましたが何よりこれが一番大切なことだと言っても過言ではないかもしれません。何よりも大切なのは「根気」なのです。人間と違って犬は人間の言葉を理解するまでには時間がかかります。理解するまでの時間に平均なんてものは無く、その犬の性格によってそれは大きく変わってくるのです。

 

すぐに理解する子もいるでしょう。何度やっても覚えてくれない子もいるでしょう。何度も何度も叱って、飼い主自身が嫌な気持ちになってしまって、犬に対してイライラすることも増えてしまうでしょう。でも、犬に悪気があるわけでは無いのです。人だって同じです。同じ仕事をすぐに覚える人もいれば、少し時間がかかってしまう人もいるでしょう。それは「個性」なんですよね。

 

きっと覚えてくれるまでは大変でしょう。でも犬は飼い主が時間をかけてしつけてくれたことを、しっかりと覚えています。諦めずに最後までしつけができたら、きっとそこには深い信頼関係が生まれていると思いますし、家族になったその日より何倍も可愛く思えるはずです。
基本的に犬とのコミュニケーションは人間関係と似ているところが多いものです。その事を頭に置いて、自分の人生の中で巡り合えた大事な愛犬なのですから、悔いの無い、楽しい生活を目指して愛犬と一緒に頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

きっとすごく大変な思いをするでしょう。嫌になること、何で出来ないんだろうと悩むこと、イライラすることも多いでしょう。でもせっかく自分が選んだ子、選ばれて家族になった子なんです。

 

そんな巡り合わせはなかなかありませんよね。愛犬との生活が終わるその日に、頑張って良かった、一緒に居られて良かったと思えるように頑張ってください。その時、今までの苦労なんて吹き飛ぶくらい楽しい思い出でいっぱいになっていることだと思います。

 

犬のしつけについては「ドッグライフプランナーズ」というのが評判が良いようです。参考になさって下さい。